会社情報 業務内容 設備 採用情報 お問い合わせ
ニイヅマックスの強みは生産技術のための「組立用の治工具」や「検査機器」、
「省力化機器」などの設計から製作までを一貫受託ができることです。
これにより競争優位なソリューションの構築が可能になります。
豊かな着想力。
ありきたりな構想に当てはまらない…数多くの他流試合を経験してきたスタッフによって蓄積されている数々のアイデアが、着想力として弊社の支えとなっています。

スムーズでダイレクトなコミュニケーション
ニイヅマックスには専任の営業マンはおりません。お客様とのお打ち合わせは製作技術スタッフが直接承ります。なんといっても意図を理解し、見極めがその場で行えるのが強み。こうしたお客様とのスムーズでダイレクトなコミュニケーションがわたくしたちのスタイルです。

最適な製作構想をその場でご提案
たとえば一つの工具を製作する際に、これが絶対的に高精度が必要な工具でなければならないのか?あるいはVEで、より簡素化できる工具なのか?といったいくつかの選択肢がある場合、私どもに製作する工具の対象ワーク情報をご提供いただければ、お客様のご要望を様々なアプローチで検証し、最適な製作構想をご提案することが可能です。それらの見極めをその場で行える技術スタッフが揃っているのもニイヅマックスならではの強みです。

CADデータコンバート
CADデータコンバートにも力をいれ、お客様とより良好なコミュニケーション環境を目指しています。またコンバート用として、ハイエンド・ミッドレンジ数種のCADを導入。ネイティブアセンブリデータに対応を可能なので、CADデータの制約にとらわれない、お客様とのシームレスなコラボレーションを実現しています。

機構設計/電気制御設計/制御ソフトウェア開発設計
ニイヅマックスでは、機構設計と同時に電気制御設計や制御ソフトの開発設計も行うことができ、それによりメカトロニクスのベストマッチングを図ることができます。

機構の設計ツールは大別すると次の二種類です。ひとつはアイデアの段階で自由度の高い発想を可能にする、ワンスペースデザイナーなどノンヒストリベースの3D-CAD。もう一方は、詳細設計段階のモデル変更時に、関連図面・モデル情報と正確にリンクし、設計スピードの向上に効果的な、ソリッドワークスなどヒストリベースの3D-CADです。用途や工程に応じてそれぞれのツールのポテンシャルを最大限に活用し、コスト削減と時間短縮をめざします。

組立て指示書のデジタル化による効率化
下流工程への3D-CADの利点を最大に生かすために、社内製造現場でのモデルビューワーの利用を推進。これまで紙ベースでは不可能だった、組立作業者自身がビューワーを使って直接データ上の部品を確認できるため、効率的に工具を組立てる事が可能です。

精密機械加工/板金加工/仕上げ加工全般
機構部品の製作も、社内で高精度機械加工を行っています。設計変更等の場合にも、機械加工の熟練スタッフが迅速に修正加工を行うことが可能です。また、同時に修正内容をビューワーデータに書込む事で、設計者への確実なフィードバックを行うことができます。社内での「加工体制」と「情報システム」を高次元で融合させ、スピード化と高品質化を両立させています。

工具精度の調整や測定作業(検査表の添付)
最終工程では、三次元測定器を利用した工具精度の調整や測定作業を行います。精密工具は単に高精度部品の集積だけでは補えきれません。擦り合せや仕上げ寸法出し等のハイレベルな技術も必要とされます。
豊かな経験とノウハウを持つ調整、検査の専任技術スタッフが製品の厳格なチェックを行い、信頼の証である検査表を製品に添付して、お客様へ納品いたします。